Treasure Linux
Home >> Treasure Linux >> WLI-CB-G54を認識させる (Source編)  

      作業内容

  1. まずは こちら から[ndiswrapper-0.4.tar.gz] を入手します。

  2. 次に、入手した [ndiswrapper-0.4.tar.gz] を展開します。

    $ cd ~/Desktop/
    $ tar xzvf ./ndiswrapper-0.4.tar.gz


  3. WLI-CB-G54のWindows XP用の無線LANドライバ ([wdrv_392.exe])をBUFFALOのサイトなどから入手します。

  4. 入手した [wdrv_392.exe]を展開して、その中の[netbwc2k.inf] と [bcmwl5.sys]をDesktopに移動させます。

    $ lha -x ./wdrv_392.exe 展開後、必要なファイルだけをDesktopに移動させます。

    $ su -
    Password: rootユーザのパスワードを入力します。
    # mkdir /usr/local/ndis 任意のディレクトリを作成します。
    # mv /home/penguin/Desktop/netbwc2k.inf /usr/local/ndis/.
    # mv /home/penguin/Desktop/bcmwl5.sys /usr/local/ndis/.


  5. 先程、展開されて出来た[ndiswrapper]ディレクトリに移動して、以下の作業を行います。
    (今回は[install.sh] が上手く動作しなかった為、以下の作業を行いました。)

    # cd /home/penguin/Desktop/ndiswrapper/driver/
    # make install
    [ndiswrapper.o]が[/lib/modules/Kernelのversion/misc]にインストールされます。

    # cd ../utils/
    # make
    :
    # cp ./loadndisdriver /usr/local/sbin/.


  6. 次に、以下のコマンドを実行して、WLI-CB-G54のVendorID と DeviceIDを確認します。

    # lspci -n | grep 'Class 0280:' | awk '{print $4}'
    この結果、VendorID "14e4" 、DeviceID "4320" であることが判ります。


  7. 以下のコマンドを実行します。無線LANのデバイス名は、デフォルトで"wlan0"に設定させています。

    # modprobe ndiswrapper
    # cd /usr/local/ndis/
    # /usr/local/sbin/loadndisdriver 14e4 4320 ./bcmwl5.sys ./netbwc2k.inf


  8. ここまでの設定で無線LANアダプタが認識されているはずです。(電源LEDが点灯しているはずです。)
    あとは、必要な設定(接続先やWEPなど)をすれば、通信が可能になります。


Home >> Treasure Linux >> WLI-CB-G54を認識させる (Source編)