Treasure Linux
Home >> Treasure Linux >> ソースからRPMを生成する為の準備  

      作業内容

  1. まずは、[/home/penguin/]配下に任意名のディレクトリを作ります。(ここでは"rpm"としています。)
    次に[/home/penguin/rpm/]配下を[/usr/src/redhat/]配下と同様なディレクトリ構成にします。

    $ cd; pwd
    /home/penguin

    $ mkdir ./rpm
    $ ls -ld ./rpm/
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX ./rpm/

    $ mkdir -p ./rpm/{BUILD,SOURCES,SPECS,SRPMS,RPMS/{noarc,athlon,i386,i586,i686}}
    $ ls -l ./rpm/
    合計 20
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX BUILD
    drwxrwxr-x 7 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX RPMS
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX SOURCES
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX SPECS
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX SRPMS

    $ ls -l ./rpm/RPMS/
    合計 20
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX athlon
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX i386
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX i586
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX i686
    drwxrwxr-x 2 penguin penguin 4096 X月 X XX:XX noarc


  2. 次に上記で作製したディレクトリでRPMを生成できるよう、RPMのマクロファイルを生成します。

    $ echo "%_topdir `pwd`/rpm" > .rpmmacros
    ↑ 「`」は[Shift] + [@](日本語キーボードの場合)

    $ ls -la ./.rpmmacros
    -rw-rw-r-- 1 penguin penguin XX X月 X XX:XX ./.rpmmacros

    $ cat ./.rpmmacros
    %_topdir /home/penguin/rpm


  3. 以上で、一般ユーザ用RPM構築環境の設定は完了です。


Home >> Treasure Linux >> ソースからRPMを生成する為の準備