Treasure Linux
Home >> Treasure Linux >> CentOS インストール  

      作業内容

  1. [CentOS-4.3-i386-bin1of4.iso] を焼いた CD-R を CD ドライブに入れ、マシンを立ち上げます。
    しばらくすると画面が表示されますので、キーボードの <Enter>キーを押下します。


  2. しばらくすると、"ようこそ"という画面が表示されますので、<Next>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  3. インストール時に使用する言語を選択する画面が表示されます。
    [Japanese(日本語)] を選択して、<Next>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  4. キーボードのタイプを選択する画面が表示されます。
    [Japanese] を選択して、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  5. インストールのタイプを選択する画面が表示されます。
    [サーバー(S)] を選択して、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  6. パーティション設定方法を選択する画面が表示されます。
    今回は手動でパーティションを設定するので、[Disk Druid を使用して手動パーティション設定(D)] を選択して、
    <次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  7. パーティション設定画面が表示されます。
    今回は以下のとおり、パーティションを設定しました。 パーティションの設定が決まったら、<次(N)>ボタンをクリックします。

    ◆ [/boot] : 100[MB]程度
    ◆ swap : インストール対象マシンの搭載メモリの2倍の容量 ※1
    ◆ [/] : 残り全ての容量

    ※1 昔から swap の容量は、搭載メモリ容量の2倍が良いと言われて来ましたが
        今日では搭載メモリの容量も大容量になってきた為、現在は搭載メモリの倍も要らないと思います。
        私は、このマシンは HD の容量も多くはないので 512[MB]に設定しました。




  8. ブートローダの設定画面が表示されます。
    ここでは、Master Boot Record(以下、MBR)に GRUB をインストールするよう設定しています。
    MBR とは、マシン起動時に最初に読み込まれる HD 上の部分を指します。
    <次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  9. ネットワーク関係の設定画面が表示されます。
    以下の設定では DHCP を使用しないので、マシンの固定 IP 設定、ホスト名設定、ゲートウェイ設定、DNS 設定をしています。
    これらの入力が完了しましたら、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  10. ファイアウォールの設定画面が表示されます。
    [ファイアウォールを有効にする(E)]を選択し、アクセスを許可するサービス部分のチェックボックスのチェックを全て外します。
    それと、SELinux を[無効]に選択します。セキュリティ上、SELinux は有効にした方が良いと思うのですが、
    SELinux をある程度扱える方以外はトラブル回避の為、無効にしておくことをお勧めします。
    その後、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  11. システムで使用する言語の設定画面が表示されます。
    [Japanese] のみ選択し、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  12. タイムゾーンの設定画面が表示されます。
    日本に在住の方は[アジア/東京]を選択し、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  13. root(管理者)のパスワードの設定画面が表示されます。
    root のパスワードは非常に重要ですので、複雑なパスワードを入力し、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  14. デフォルトでインストールされるパッケージ情報の画面が表示されます。
    私は追加したいパッケージがありましたので、[インストールするソフトウェアパッケージをカスタマイズ(C)] を選択しました。
    よく判らない方は[デフォルトのソフトウェアをインストール(I)] を選択するといいでしょう。
    その後、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  15. インストール準備完了の画面が表示されます。
    <次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  16. 警告ダイアログの画面が表示されます。
    <続行(C)>ボタンをクリックし、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  17. CentOS のインストール経過の画面が表示されます。
    インストールにかかる時間はインストール対象マシンのスペックに依存します。
    インストールが完了しましたら、<次(N)>ボタンをクリックします。

    キャプチャ



  18. インストール完了の画面が表示されます。
    <再起動(T)>ボタンをクリックします。
    再起動後、簡単な対話式の設定を終えれば、CentOS が使用できます。

    キャプチャ





Home >> Treasure Linux >> CentOS インストール