Treasure Linux
Home >> Treasure Linux >> aptを導入する  

      作業内容 (CentOS 編)

  1. CentOSには、標準で yum が採用されていますので、それを使用して apt をインストールします。

    $ su -
    Password: rootユーザのパスワードを入力します。
    # yum -y install apt
    :
    Installed: apt.i386 0:0.5.15cnc6-4.centos4
    Complete!


  2. 次に [/etc/apt/sources.list.d/centos.list] ファイルの行末に以下の部分(サードバーティリポジトリ)を追記します。
    サードパーティリポジトリとは、直訳すると他社のOSや機器などに対応するものを作製しているメーカーの倉庫ことを指すようです。
    ここでは"CentOSの純パッケージ以外のパッケージ群"みたいなところですかね。

    # vi /etc/apt/sources.list.d/centos.list
    :
    rpm http://apt.sw.be/ redhat/el4/en/i386 dag 行末に追加します。


  3. 上記作業が完了したら、データベースを最新のものにします。

    # apt-get update パッケージ情報のデータベースを最新のものにします。


  4. インストールされている各種パッケージを最新のものにします。

    # apt-get -y dist-upgrade インストールされているパッケージを最新のものにします。


  5. 以上で、apt導入及びパッケージの更新作業は完了です。


      作業内容 (Fedora Core 編)

  1. 自分が使用しているディストリビューション用のRPMを Fresh RPMSからダウンロードし、インストールを実行します。
    (下記の例は、Fedora Core 3の場合です。)

    $ su -
    Password: rootユーザのパスワードを入力します。
    # rpm -Uvh /home/penguin/Desktop/apt-0.5.15cnc6-1.1.fc3.fr.i386.rpm
    警告: ./apt-0.5.15cnc6-1.1.fc3.fr.i386.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID e42d547b
    Preparing... ########################################### [100%]
        1:apt ########################################### [100%]


  2. インストールが完了したら、データベースを最新のものにします。

    # apt-get update パッケージ情報のデータベースを最新のものにします。


  3. インストールされている各種パッケージを最新のものにします。

    # apt-get -y dist-upgrade インストールされているパッケージを最新のものにします。


  4. 以上で、apt導入及びパッケージの更新作業は完了です。
    なお、動作確認はしておりませんが、Fedora Core 4も同様な手順で導入可能なはずです。


Home >> Treasure Linux >> aptを導入する